ユナイテッド海運が朝高の後上げ幅縮める、営業黒字浮上の一方最終損益は赤字幅拡大

 NSユナイテッド海運<9110.T>が朝高の後上げ幅を縮めている。きょう午後2時30分に集計中の前13年3月期の業績予想を修正した。船腹の効率配船と円安効果で前回予想の連結営業損益4億円の赤字を9億円の黒字、経常損益2億円の赤字を21億円の黒字に修正、最終損益は合理化のための返船解約金を特別損失に計上することで、38億円の赤字から165億円の赤字へ。営業黒字に転換するものの、最終損失が大きく拡大することから消化難となり、業績修正発表後は前日比小高い水準で小動きになった。

ユナイテッド海運の株価は15時現在152円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)