新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数ともに反発

 2日の新興市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。
 日経ジャスダック平均は前日比3円22銭高い1714円74銭できょうの取引を終えた。売買代金は概算で837億円、売買高は9207万株。東証1部市場が大きく下げるなど相場全体の軟化に伴い売り先行でスタートしたが、バイオ関連や不動産を中心に押し目買いが入り、後場プラス転換した。いちごHD、JCLバイオ、プロパスト、シスウェーブがストップ高で引け、日エスコン、ファンドクリは続騰、陽光都市やアズジェント、コスモスイニも高い。一方で東カソード、ソーエコプロが続落し、RSC、アイレックスは反落、ネクストウェアや大和コン、サンキャピも安い。
 東証マザーズ指数は前日比14.11ポイント高い599.23になった。アルデプロ、ファーマフーズ、メディ工房がストップ高で引け、アンジェス、UBICは反発、DNAチップやイントランス、GMOクラも高い。半面でドリームバイザが続落し、システクアイやフェヴリナ、データHRは反落、日風開やネットワークバリュ、ITbookも安い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)