東映が反発、「ドラゴンボールZ 神と神」が好発進

 東映<9605.T>が反発、下げ渋る動き。3月30日に公開された「ドラゴンボールZ 神と神」が土曜、日曜の2日間で約56万人を動員、興行収入約6億8400万円を記録し、興行成績ランキング(興行通信社調べ)で初登場首位になったことが報じられている。同社が目指す最終興行収入約30億円へ向けて関心が高まっている。

東映の株価は9時40分現在618円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)