<前場の注目銘柄>=一六堂、高級居酒屋展開で注目

 一六堂<3366.T>が人気素地を開花させ、中期上昇途上にある。

 同社は都内を中心に天地旬鮮「八吉」など高級居酒屋を展開、低価格主流の業界にあって独自の経営路線が目を引く。

 高級志向を標榜するだけあって利益率も高く、2ケタ近い営業利益率を維持している。13年2月期経常利益は11億円弱と約2割増益となったもようだが、14年2月期も増益を確保できそうだ。

 政策恩恵による脱デフレへの流れは株式市場のテーマとなっているが、居酒屋業界にも波及の兆し。低価格全盛の時代にあっても高級路線でわが道を貫いてきた同社の経営にも順風が吹き始めている。割安なPERも味方に水準訂正高に反映されそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)