アンジェスが急騰、子宮頸がんワクチン候補の開発販売権取得の報道受け

 アンジェスMG<4563.T>が一時14.4%高となる22万1700円まで買われる急騰をみせた。同社が子宮頸がんの治療ワクチン候補について、那覇市のバイオベンチャーから日米英での開発販売権を3日にも取得すると3日付日経産業新聞が報じており、これを材料視する買いが集中した。これまでの中国での開発販売権に加え、日米英など先進国での販売権獲得は、大きな収益チャンスにつながっていくことから、業容拡大期待を背景に短期資金の買い攻勢が加速している。

アンジェスの株価は9時59分現在22万4000円(△3万200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)