エイジアがS高、ネット選挙実質審議入りを材料視

 エイジア<2352.T>がストップ高カイ気配となっている。衆院の政治倫理・公選法改正特別委員会が2日、インターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案の実質審議に入ったことを受けて、ネット選挙関連の一角が人気化しており、今月よりメール配信システム「ネット選挙 メール配信応援パック」を発売している同社にも物色の矛先が向かったもよう。このほかドワンゴ<3715.T>、パイプドビッツ<3831.T>などにもこれを材料視した買いが入っているようだ。

エイジアの株価は11時16分現在1016円(△150円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)