住友ゴムが反発、新興国の地震多発地域向けに制震ダンパー販売を展開と報じられる

 住友ゴム工業<5110.T>が3日ぶりに反発した。きょう付の日本経済新聞で、中国やトルコなど地震多発地域向けに、ビルの揺れを効率よく吸収する独自のゴムを使った制震ダンパーの販売に乗り出すと報じられたことを材料視。記事によると新興国の都市開発に伴う建物の高層化で海外需要が高まると判断したとしており、都市開発の進む新興国での今後の需要拡大と、それに伴う業績への寄与に期待した買いが入っているようだ。

住友ゴムの株価は12時32分現在1540円(△48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)