アップルが反発、50日線割れで調整一巡感

 アップルインターナショナル<2788.T>が反発。2日に50日移動平均線割れとなる1万1700円まで下落したことから、目先的な調整一巡感から買い戻しの動きとなっている。中古車輸出と中国での新車販売を主力にしており、新車販売では主力車種であるメルセデスベンツのモデルチェンジを控えており、中国での富裕層向けに販売拡大が期待されている。

アップルインターの株価は13時49分現在1万3980円(△990円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)