<動意株・3日>(大引け)=ポールHD、明星工、シミックHDなど

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657.T>=急伸。同社はゲーム中心にソフトの不具合検査を手掛けるほかインターネット投稿の監視業務も手掛ける。ネット監視では経済産業省から違法・有害情報対策の調査研究を受託するなど高い実績。不具合検査ではスマートフォンの加速的な普及に伴いソーシャルゲーム向け需要が好調に推移しており、13年1月期の最終43%増益に続き、14年1月期も同11%増益を見込むなど業績拡大が顕著だ。

 明星工業<1976.OS>=反発。LNGやLPGに関する一連の保冷工事では世界有数の実績を有していることから、北米のシェールガス輸入などに絡んで同社の活躍期待は高い。集計中の前2013年3月期は連結営業利益で前々期比21.7%増の21億円を見込んでおり業績も好調。

 シミックホールディングス<2309.T>=切り返し急。CRO(医薬品開発支援)事業、CMO(医薬品製造支援)事業いずれも好調に推移している。同社の子会社である、シミックPMSが13年4月1日付で日本アルトマークのCRO事業(製造販売後調査・安全性業務受託)を譲受し営業を開始している。同社の株価は昨年来、波状的な買いが流入し急騰トレンドにあるが、時価PERは14倍台と割高感はない。

 タカキュー<8166.T>=一時、前日比ストップ(80円)高の504円まで買われた。3月29日に付けた年初来高値454円を更新。3日午後1時に、3月の月次売上高(速報)を発表、これが材料視された。3月の既存店月次動向は、売上高が前年同月比9.2%増、客数が同7.4%増、客単価が同1.6%増となった。

 クックパッド<2193.T>=続伸。大幅増収増益で毎期ピーク利益更新が続いている。スマートフォンの普及効果により料理レシピサイトの有料会員数の伸びが加速、100万人に迫る勢いとなっている。また広告事業も順調に伸びているが、今後スマートフォン向けの広告枠にも期待がかかる。さらに、タブレット端末の普及も見込まれることで一層ビジネス環境は良化する見通し。

 川本産業<3604.T>=反発。国立感染症研究所が2日に、今年の風疹の患者数が3月24日時点で累計2418人となり、わずか3カ月足らずで過去5年間で最多だった昨年1年間の2353人を上回ったと発表したことから、風疹の予防にはワクチン接種と手洗いやうがい、マスクが重要であることから医療用衛生材料最大手である同社が関心を集めている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)