セキチューの13年2月期は営業利益62.6%減に、価格競争で粗利が低下

 セキチュー<9976.OS>がこの日の取引終了後、本決算を発表。13年2月期は売上高368億3600万円(前の期比4.0%減)、営業利益2億6500万円(同62.6%減)、純利益1億3800万円(同59.4%減)の大幅減益に終わった。前期に地デジ特需のあった反動で電材が落ち込んだほか、天候不順で家庭日用品・家電も低調に推移したことで売上高が減少した。また、競合店との価格競争や顧客の低価格志向などで粗利益が減少し、大幅減益を余儀なくされた。
 なお、14年2月期は売上高370億円(前期比0.4%増)、営業利益4億円(同50.5%増)、純利益2億3000万円(同66.4%増)を見込む。電材などDIYの回復や天候不順の一巡で売上高・利益ともに改善に向かう見通しだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)