日銀の決定と市場の期待感

日銀の決定と市場の期待感
本日最も注目されるのは、日銀の金融政策決定会合と、その後の黒田日銀新総裁の記者会見になるだろう。

黒田日銀総裁が再三アピールしてきた「質的にも量的にも大胆な金融緩和策」が果たして市場の期待以上のものか、そして今後についても追加緩和期待が残る内容となるのかが注目される。

将来の緩和期待を残し、かつ今回打ち出す政策についても市場が及第点を与えるようなら、円売り優勢となると見る。

ただ、緩和自体は事前にかなり織り込まれてしまっていることを考慮すると、「市場の期待を裏切らない」ことはかなり難しい。

失望感を買わずとも、材料一服感が拡がる結果となれば、ドル/円は一段安となりそうだ。

また、本日はユーロ圏や英国でも金融政策発表が予定されている他、要人発言の機会も多い。

欧米市場ではそうしたイベントを受けてクロス円やストレートドル、主要国株価や米長期金利などがどう動くかがドル/円の方向感を決定づける要因となりそうだ。