UMNが続急伸、鳥インフルエンザ関連で

 UMNファーマ<4585.T>が続急伸。中国で鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」による感染が広がり、死亡者が相次いでいると報じられ、新たなインフルエンザワクチンの開発を手掛けている同社にも買いが集まっている。中国の国営メディアでは3日、鳥インフルエンザ感染者が新たに2人確認され、うち1人が死亡したと報じており、同型ウイルスの死者はこれで3人目。これに対して、中国当局ではワクチン開発は6~8カ月以上必要としていることから、インフルエンザワクチンの開発を手掛ける同社により関心が高まっているようだ。

UMNの株価は10時16分現在4090円(△290円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)