図書印が大幅高で300円大台目前、取組妙味も浮上

 図書印刷<7913.T>が、大幅反発で300円大台目前まで買われた。東証が3日から同社株を信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表したが、その後も買い資金の流入が止まらない。電子書籍への展開や土地含み関連株として材料性に事欠かず、PBR0.7倍弱とファンダメンタルズ面からも割り安さを兼ね備えている。信用取組も売り買いともに厚みが加わる中で拮抗しており、次第に仕手化の様相を印象づける。今後売りを一段と呼び込めば需給相場が加速する可能性もあり、注目場面が続きそうだ。

図書印の株価は10時41分現在292円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)