中外薬が続伸、中国・鳥インフル拡大で「タミフル」に関心

 中外製薬<4519.T>が続伸、前日比143円高の2267円まで買い進まれた。抗ウィルス剤「タミフル」を国内独占供給することから、各報道機関が「中国で鳥インフルエンザが広がり、新たに1人が死亡した」と報じたことが買い気を強めさせている。抗がん剤が2ケタの伸びを続け、関節リウマチ治療剤のロイヤルティー収入も拡大していることから、業績は堅調に推移しており、需給が良好なことも株価を下支えしている。

中外薬の株価は10時53分現在2255円(△131円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)