住友鉱が反落、非鉄市況下落で業績先行き不透明感が台頭

 住友金属鉱山<5713.T>が反落し年初来安値を更新。前日のニューヨーク市場でニューヨーク金6月限が年初来安値を更新するなど国内外で金や銅など非鉄市況の下落傾向が続いていることをネガティブ材料視。同社は現行の中期経営計画で、金価格が1トロイオンス当たり10ドル下落すると連結経常利益が年4億円減り、銅価格が1トン当たり100ドル下落すると同17億円減少するとの見通しを公表しており、ここにきての非鉄市況の下落で業績の先行き不透明感が台頭しているようだ。

住友鉱の株価は11時13分現在1209円(▼60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)