大阪株式(前引け)=修正平均は129円安と反落

 4日前引けの大阪株式市場は修正平均で前日比129円79銭安の2万274円96銭と反落。
 明星工業、遠藤照明、ファースト住建、任天堂が反落、森精機、穴吹興産、きんでんなども軟調。半面、エフピコが続伸、参天製薬や小野薬品、ロート製薬の薬品株などが堅調な動き。
 2部修正平均も前日比11円29銭安の4486円85銭と反落。
 Jトラスト、杉村倉庫が反落、イトーヨーギョーや誠建設、日住サービスなども軟調。半面、ミロクが7連騰、瑞光が3連騰となり、ノザワが続伸、 北日本紡績やアスモなど低位株が高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)