ウィズが後場プラスに転じる、第3四半期決算の赤字幅縮小を好感

 ウィズ<7835.OS>が後場プラスに転じる。前引け後に発表した第3四半期累計(6~2月)連結決算が売上高14億8800万円(前年同期比15.2%増)、経常損益5400万円の赤字(前年同期1億4700万円の赤字)となり、赤字幅が縮小していることが好感されている。一部の人気キャラクター関連商品や定番商品が引き続き好調。OEM製品では「たまごっち」シリーズが計画を上回って推移しているという。なお、13年5月期通期業績予想は売上高24億円(前期比18.8%増)、経常利益1500万円(前期1億4200万円の赤字)の従来予想を据え置いている。

ウィズの株価は12時50分現在417円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)