銀行株が物色人気、日銀のリスク資産買い入れが株価支援

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>などがいずれも朝安から大きくプラス圏に切り返した。きょう午後に日銀の金融政策決定会合の結果が発表、国債の買い入れ対象の拡大だけではなく、ETF、リートなどリスク資産の積極的な買い入れ額拡大が伝えられるなど、「量的・質的金融緩和」の導入を決めたことが好感された。ETFは年1兆円増加するペースで買い入れる方針が報じられており、緩和のインパクトは大きい。

三菱UFJの株価は14時4分現在562円(△14円)
三井住友の株価は14時4分現在3830円(△115円)
みずほの株価は14時4分現在200円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)