日銀金融政策決定会合、「量的・質的金融緩和」を導入へ

 日銀は4日、金融政策決定会合での追加金融緩和を決定した。同会合では、マネタリーベースおよび長期国債・上場投資信託(ETF)の保有額を2年間で2倍に拡大し、長期国債買い入れの平均残存期間を2倍以上に延長するなど「質・量ともに次元の違う金融緩和」を行うと発表した。
 具体的には、金融市場の操作目標を無担保コールレートからマネタリーベースに変更する「マネタリーベース・コントロールの採用」を表明したほか、「長期国債買い入れの拡大と年限長期化」「ETF、J-REITの買い入れ拡大」「量的・質的金融緩和の継続」――などを行うことを明らかにした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)