レオパレス21が3日続伸、鉄骨ブレース工法の賃貸併用住宅に関心

 レオパレス21<8848.T>が3日続伸。日銀の追加金融緩和を好感し不動産株が物色されるなかで、単身者向けアパートの建築請負と転貸を主力にする同社株も物色されている。この日は、4月4日から鉄骨ブレース工法の賃貸併用住宅「Smaio(スマイオ)」を販売することも発表、自宅と賃貸の間に、高級マンションで採用されている高性能界壁を採用し、自宅と賃貸住宅を組み合わせて設計する新発想の賃貸併用住宅して注目されている。

レオパレス21の株価は15時現在431円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)