オンワードHDは引け際プラス転換、野村証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 オンワードホールディングス<8016.T>は後場に入って、全体相場の反転上昇もあって下落幅を縮小。引け際にプラス転換している。野村証券が3日付のリポートで投資判断を従来の「バイ」から「ニュートラル」に引き下げている。なお、目標株価900円は据え置いた。
 リポートでは「14年2月期は、同社の主要チャネルである百貨店経由の販売好調が見込まれるため、国内事業は堅調に推移しよう。一方海外では、2大ブランドの「ジョゼフ」「ジル・サンダー」の伸び悩みが懸念される。14年3月期以降も営業増益トレンドを維持すると予想するが、営業増益率は徐々に縮小しよう」としている。

オンワードHDの株価は15時現在825円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)