◆4日のNY株式市場の概況

 4日のNY株式市場は、NYダウが反発し、前日比55.76ドル高の1万4606.11ドル、ナスダック総合指数が同6.38ポイント高の3224.98ポイントで取引を終了した。日銀の、新たな量的金融緩和策を受けて、米株式市場への資金流入を促す要因になるとの見方が広がり、投資家が運用リスクをとる動きを強めた。ただし、朝方発表の米新規失業保険申請件数が季節調整済みで38万5000件と市場予想の35万件から予想に反して増加したことで、5日発表の3月の米雇用統計が物足りない結果になるとの懸念が強まり、上値が重くなる場面も見られた。なお、出来高概算はニューヨーク市場が6億4642万株、ナスダック市場が14億3530万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)