日立建機がカイ気配、14年3月期営業5割増益観測で

 日立建機<6305.T>がカイ気配スタート。同社の14年3月期の連結営業利益が830億円前後になりそうだと、5日付の日本経済新聞が報じた。市場のコンセンサスを大きく上回る内容であり、13年3月期推定比で5割近い増益となることから、これを材料視した買いが寄り付きから集中した。為替の円安効果に加え、前期急減速した中国での建機販売が底を入れる可能性が高いと伝えている。同社株は業績の中国向け依存比率が高く、これまで中国の景気減速の影響を受けて業績への不安感がくすぶっていたが、ここにきてアク抜け感が出ている。来期業績を買う相場は緒に就いた段階であり、上値余地は大きいとの見方が強い。

日立建機の株価は9時6分現在2111円(△140円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)