日鉄住金が続伸、モザンビークで炭鉱採掘権を取得

 新日鉄住金<5401.T>が続伸、3月下旬以降、調整局面にあったが、目先5日移動平均線を上抜き底入れの動きをみせている。同社は4日、韓国ポスコなどが共同で計画しているアフリカ南部モザンビークでの炭鉱開発について、現地政府から3日付で採掘権を取得したことを発表、これが株価上昇を支援する材料となっている。同社を筆頭に鉄鋼セクターは中国の景気減速などの影響が嫌気され業種別にも出遅れ感が顕著だったが、14年3月期の業績回復を買う流れに変わりつつある。

日鉄住金の株価は10時10分現在232円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)