アステラス製薬が年初来高値、アンブレックス社とがん領域におけるADC技術で提携

 アステラス製薬<4503.T>が3連騰、新値更新となった。この日午前10時に米国アンブレックス社と、新規の抗体―薬物複合体(ADC)の創製と開発に関する提携契約を締結したことを発表した。ADCはがん細胞表面の抗原に結合する抗体に薬物を結合させたもので、薬物を標的とするがん細胞に選択的に届けることができ、細胞内で薬物を放出させることで、がん細胞を死滅させることができる。今回の提携により、同社ではグローバル・カテゴリー・リーダー(GCL)を目指すがん領域の創薬基盤の強化を目指していく。

アステラスの株価は10時15分現在5440円(△220円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)