大幸薬品が連日のS高、鳥インフルエンザ関連の思惑買い続く

 大幸薬品<4574.T>が4日に続いて一時ストップ高まで買われた。中国の鳥インフルエンザ問題で、4日には新たに2人の死亡が確認されるなど感染が拡大していることを背景に、引き続き「クレベリン」などの感染管理商品の需要拡大に期待した買いが入っている。この日はダイワボウ・ホールディングス<3107.T>、日本バイリーン<3514.T>など他のインフルエンザ関連には利益確定から値下がりする銘柄も多いが、09年に新型インフルエンザが流行した際にも実際に業績が拡大したことから、今回も実需に結びつくとの思惑が働いているようだ。

大幸薬品の株価は11時17分現在1282円(△244円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)