東洋水産が年初来高値、海外即席めん事業の収益拡大で業績上ブレ観測

 東洋水産<2875.T>が続騰、前日比133円高の3020円まで上げ幅を広げ、3月15T日につけた年初来高値3015円を更新した。円安で輸入原材料コストは上昇しているものの、売上高の18%を占める海外即席めん事業の収益拡大で相殺、高単価の袋入り即席麺「マルちゃん正麺」の国内販売の好調が続き、集計中の前3月期業績は上振れが観測されている。3月29日現在の信用倍率は1.01倍と好需給も下支えしており、相場全体の地合い好転も株価上昇には弾みをつけた。

東洋水産の株価は11時30分現在3020円(△133円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)