大阪株式(前引け)=修正平均は3連騰で新値

 5日前引けの大阪株式市場は修正平均で前日比676円97銭高の2万1586円30銭と3日続伸、新値更新となった。
 幅広い銘柄が買われる展開でダイビル、青山商事、穴吹興産、京阪神ビルが新値更新、アプラスやファースト住建、森精機なども賑わった。半面、遠藤照明、サノヤス、日本電産は軟調。
 2部修正平均も前日比71円71銭高の4594円53銭と3日続伸。
 原弘産、アーバンライフ、マーチャント、Jトラスト、日住サービスが新値更新となり、ヒラノテク、あかつきFGが続伸、杉村倉庫や誠建設も反発した。半面、田淵電機、桜島埠頭などは軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)