☆「ドル/円」⇒:中期トレンドは「買い」に転換:

■8時間足トレンドチェック

--------------------------------------------------

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:中期トレンドは「買い」に転換:
(第1ポジション⇒+749P達成)(第2ポジション⇒+1208P達成):
昨日の金融政策決定会合の前までは「下向き」でしたが、
その内容が明らかになると形成は逆転し、レジスタンスを突破し
94円76銭で買い⇒その時点での目標値95円47銭で決済
となっています(プラス71P)。今現在の平均足改良場は「陽線」
ですが、今後は「押し目」拾いの展開になります。

☆「ユーロ/ドル」⇒:売りポジション利益確定後、一気に上昇転換:
(第1ポジション⇒+1174P)、(第2ポジション⇒+1344P):
先日から記載していた売り(1.2804)は目標値の1.2744にようやく
到達し、プラス60Pになりました。その後はレジスタンスを超え、
途転買い(1.2871)も1.2911に既に到達しプラス40Pとなっています。
現在は高値からやや軟化してきている為、追いかけず「押し目」を
探る様に心掛けたい状況です。

☆「ポンド/ドル」⇒売りポジションは利益確定に:
(第一ポジション⇒-154P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
昨日記載した売り(1.5105)、目標値の1.5060(記載済)に届き、
プラス60Pになりました。その後平均足改良版は「陽線」に
転換しましたが、レジスタンを超えていませんので、買いでは
ありません。レジスタンスを超えるまでは戻りを売る展開
になりますが、仮に超えた場合は「買い」となります。