不二越が後場も堅調、第1四半期2ケタ減益も織り込み済み

 不二越<6474.T>が後場も堅調。前引け後に発表した第1四半期(12~2月)連結決算が売上高395億5300万円(前年同期比4.2%減)、経常利益23億4800万円(同17.4%減)と2ケタ減益となったが、株価に織り込み済みとの見方が強いようだ。新興国市場を中心とした産業機械・市販分野の需要低迷の影響から、主に部品事業が落ち込んだ。生産性の向上や海外調達の推進などのコストダウンに取り組んだが、生産減少に伴う操業度の低下や販売価格の下落の影響が大きかった。なお、13年11月期業績予想は、売上高1750億円(前期比1.6%増)、経常利益100億円(同9.8%増)の従来予想を据え置いており、これが下支えとなっているとの見方もある。

不二越の株価は12時40分現在405円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)