エムティーアイが大幅3日続落、野村証が投資判断を引き下げ

 エムティーアイ<9438.OS>が大幅3日続落。この日は野村証券が投資判断を「ニュートラル」から「リデュース」とし、目標株価を1000円から660円引き下げたことが観測されている。同証券によると、スマートフォンでの有力コンテンツの創出力に対する信頼度の低下や、顧客獲得効率の悪化による利益率の低下、さらにフィーチャーフォン向け事業の縮小による利益水準の低下などを指摘。また、1~3月期に営業損失に転じると予想し、減配リスクも高まっていると判断しており、モバイルコンテンツで同社が再び競争力を取り戻すまでは、株価は平均的なパフォーマンスを下回る公算が高いとしている。

エムティーアイの株価は15時7分現在822円(▼44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)