パソナがカイ気配、6~2月期営業6割増益を好感

 パソナグループ<2168.T>がカイ気配スタート。ここにきて上げ足が加速している。同社が5日に発表した12年6月~13年2月期の連結業績は、営業利益が前年同期比62.3%増の17億5200万円と好調でこれを好感する買いが優勢だ。景気の回復を反映して人材派遣ニーズの底入れに加え業務請負事業の採算も改善した。日系企業の海外展開拡大を受けてアジアでの人材紹介事業も業績に貢献している。最終損益は特別利益の減少で2億9400万円の損失と赤字幅が広がった。なお、13年5月期通期見通しについては従来予想を据え置いている。

パソナの株価は9時6分現在6万1700円(△3000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)