◎欧米外為市場サマリー

 5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=97円56~57銭と前日に比べ1円20銭強の大幅な円安・ドル高。対ユーロは、1ユーロ=126円84~88銭と同2円40銭強の円安・ユーロ高で推移した。日銀による大胆な金融緩和策で、東京市場で大幅な円安が進行した流れが引き継がれ円は一時、97円84銭と2009年6月以来、3年10カ月ぶりの円台水準へ下落した。この日発表された米雇用統計は、非農業部門雇用者数が8万8000人増と市場予想(19万5000人増)を下回ったが、失業率が7.6%(市場予想7.7%)に改善したことから、ドル売り・円買いは限定的だった。ユーロは対ドルで、1ユーロ=1.2997~98ドルと同0.0064ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)