長谷工コーポが商い伴い大幅高、金利低下はマンション建築の追い風に

 長谷工コーポレーション<1808.T>が商いを伴い大幅高。株価は、1月16日以来となる100円台に乗せ、出来高も10時時点では東証1部で2位となっている。日銀の「量的・質的金融緩和」で急激な金利低下が続くなか、今後、住宅ローン金利の低下も予想されており、マンション建築大手の同社にはメリットに働くことが期待されている。株価は100円前後と低位にあることも人気化の要因となっている。

長谷工コーポの株価は10時17分現在104円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)