東京計器が200円台回復、北朝鮮リスク映しマド開け急伸

 東京計器<7721.T>がマドを開けて買われ2月12日以来の200円台回復となった。ここにきて朝鮮半島で再び緊張が高まっており、防衛省向け納入に実績を持ち、レーダー警戒装置を手掛ける同社に防衛関連の最右翼株として物色資金が向かっている。政府は7日、北朝鮮がミサイルを発射した場合、自衛隊が迎撃できるようにする破壊措置命令を出しており、地政学リスクが高まっている。

東京計器の株価は10時34分現在210円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)