ハイデ日高が反落、食材の上昇や人件費増による増益率鈍化を嫌気

 ハイデイ日高<7611.T>が反落。前週末5日に発表した本決算で、13年2月期業績は売上高295億2000万円(前の期比7.7%増)、経常利益36億2900万円(同11.7%増)と2ケタ増益となったものの、続く14年2月期は売上高315億円(前期比6.7%増)、経常利益36億9000万円(同1.7%増)と増益ペースが鈍る点が嫌気されているようだ。食材の上昇や行田工場増設による費用の上昇、また、店舗純増30店を計画していることから、今後の出店増に対応するための募集費や4月入社として過去最多となる新卒採用86名などの人件費増を考慮したとしている。

ハイデ日高の株価は11時8分現在2045円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)