三菱UFJが5連騰、米国不動産融資事業買収報道をポジティブにとらえる

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が5連騰、前週末の大幅高値更新後も利益確定売りをこなして強い動きを続けている。資金供給量倍増という日銀の大胆な金融緩和策を背景に、今後の収益拡大へ期待が高まっており、8日付の日本経済新聞が「ドイツ銀行から米国の不動産融資事業を買収する」と報じたことがポジティブにとらえられた。取得総額は約37億ドル、3600億円で、優良資産を積み増すと伝えており、本格的な海外事業の拡大戦略に期待が高まった。

三菱UFJの株価は11時3分現在630円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)