ウォーターDが軟調、直近IPOで好人気上場後は下落歩調に

 ウォーターダイレクト<2588.T>が軟調で、全般上昇相場に逆行安で上場来安値更新が続いている。同社は3月15日の東証マザーズに上場したばかりの直近IPO銘柄。富士山麓の自社工場で製造した家庭用飲料水を宅配するビジネスを手掛けている。上場初日は好人気を博し、カイ気配のまま取引が成立せず、翌営業日の3月18日に公開価格の3倍となる3600円の初値をつけた。しかし、その後はセカンダリーで利益確定の売りに押され、株価水準を切り下げる展開が続いている。

ウォーターDの株価は11時30分現在1787円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)