<後場の注目銘柄>=日駐開、株価は上昇軌道復帰で期待感

 日本駐車場開発<2353.T>の13年7期第2四半期(12年8~13年1月)の連結業績は、売上高が62億円(前年同期比24%増)、営業利益9億円(同19%増)となった。主力の駐車場事業が売上高45億円(同7%増)、営業利益が7億円(同9%減)。売上高は新規案件獲得の遅れなど低迷した国内事業を海外での伸長で補ったものの、既存案件の収益性低下や人件費・拠点展開費の増加で減益。13年7月期通期業績は売上高が137億円(前期比30%増)、営業利益が23億円(同27%増)の見込み。

 株価は、4月初に急落して、いったん25日移動平均線を割り込んだものの、短期間で上昇軌道に復帰しており、先高期待が高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)