セブン銀が上値追い鮮明、特定資金の買い攻勢思惑も

 セブン銀行<8410.T>がじりじりと上値を追う展開、きょうで5日続伸となった。3月21日につけた年初来高値318円に急接近。同社はセブンイレブンのコンビニ店内などでATMを展開しており、その数は国内金融機関で最多。セブンイレブンの国内のコンビニ店舗数は2月末時点で1万5000店を突破しており、さらに増勢で同社のビジネス環境に吹く追い風は強力だ。業績は好調で13年3月期の配当予想は従来予想の年6円50銭から6円75銭に引き上げるなど株主還元姿勢にも厚い。なお、次世代ATMの導入を進め、15年度上期に全台の入れ替えを完了する見通し。「地味な動きながら継続的な買いが観測され、4月初旬の25日移動平均線接触場面では大口の買いが入った」(市場関係者)との指摘もあるなど物色ニーズは強い。

セブン銀の株価は13時47分現在314円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)