サガミチェンが13年3月期業績見込みを上方修正、客単価の上昇などが寄与

 サガミチェーン<9900.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年3月期業績が、従来予想の売上高216億円、経常利益2億7000万円を上回り、売上高224億8500万円(前の期比14.9%増)、経常利益5億5500万円(同12.0倍)になりそうだとの上方修正を発表した。主力業態の「和食・麺処 サガミ」で客単価が上昇したことに加えて、メニューの見直しによる食材ロスの低下などで原価率が改善したことや、労働時間の抑制などで人件費率が改善したことなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)