あす(9日)の為替相場見通し=100円視野の円安進行も

 あすの東京外国為替市場は、1ドル100円を視野に入れた円安が見込めそうだ。予想レンジは1ドル=98円50~99円80銭、1ユーロ=128円00~129円70銭。この日は、夕方にかけ一時99円乗せが目前に迫る大幅な円安が進行した。先週末5日に発表された米雇用統計は、市場予想を下回る内容となり従来なら円買い・ドル売りが優勢となることが予想されるところだが、この日は一段と円安が進行した。日銀金融政策決定会合を経て、「量的・質的金融緩和」の実施が発表されたことから、国債市場で特に超長期債の利回りが急低下。今後、国内投資家は高金利を求めて外債投資を積極化させるとの見通しが強まっっており、円売り・ドル買いに拍車がかかっている。欧州情勢など不透明要因はあるものの、海外ヘッジファンドなどは円売りを強めているとみられ当面、円安基調は続くとみられている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)