オーミケンシは切り口多彩、低位株人気で下値切り上げる

 オーミケンシ<3111.T>が堅調な値動き。12年10月の40円安値示現以降、13週線を下値に値を切り上げる展開。東証2部、ジャスダック市場で株価2ケタ銘柄の急騰人気が継続していることから、「同社株にも短期資金が徐々に流入している」(中堅証券)との見方が出ている。紡績関連事業が主力とのイメージが強い半面、ハウジング事業、緑化事業なども展開しており、「材料性も多彩」(市場筋)という。出来高を伴って株価にリズム感が出てくるようなら、目先妙味が増幅する公算もありそう。

オーミケンシの株価は9時30分現在70円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)