コーセーが5日続伸、三菱UFJMS証が投資判断を引き上げ

 コーセー<4922.T>が5日続伸で年初来高値を更新。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」とし、目標株価を1900円から3000円に引き上げている。第4四半期(1~3月)の国内販売は第3四半期決算時と同様に堅調だが、海外事業が中国情勢悪化の影響で苦戦したため、13年3月期の売上高は計画を若干下回ると予想。ただし、景気回復に伴う化粧品需要への波及は6カ月程度遅行するので、14年3月期にかけては高価格化粧品需要の増加や商品ミックスの改善、14年4月消費増税前の駆け込み需要を考慮し、同証券による国内売上予想を引き上げるとしている。同社は営業利益の約6割が高価格帯から創出され、景気回復の恩恵を享受しやすいため、14年3期はコンセンサスの営業利益125億円を上回る可能性が高く出遅れ感があると判断している。

コーセーの株価は10時39分現在2432円(△73円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)