調整が入りやすい…!?それでも下値は堅い…!?

軒並み年初来安値更新-円全面安
※ご注意:予想期間は4月10日と表示されていますが、本日(9日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。
※ご案内:今の抵抗・支持ラインを毎日17時から動画で解説!疑問点は、チャットでその場で回答 マーケット・チェック15分Webセミナー詳細は、下部の関連記事から。

 円売りが止まりません。

 週明けオープニングの“窓空け(ギャップアップ)”もあって東京タイムに99円台を回復したドル円は、昨日に行使期限を迎えるオプション(98.50円)へ収斂する動きから伸び悩む場面も見られました。しかしながら行使期限を通過すると再び99円を突破するなど、「一方通行の円売り」が進んでいます。こうして対主要通貨では軒並み年初来安値を更新しており、円全面安の展開が続いています。
目先のメドは99.764円(09/5/7高値)
 ここまで来ると100円の大台を目指す展開は疑いようのないところであり、目先のメドとされる99.764円(09/5/7高値)で上値を抑えることができるかどうか?が、注目されるところです。当該ラインは2007年6月(124円)~2011年10月(75円)のほぼ50%戻りにも当っており、主にファンド筋の利益確定売りが出やすいとされています。またパワー・リバース・デュアルカレンシー(PRDC)債に絡んだヘッジ売りが入るとの噂も、一部で囁かれています。

ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:100.750(ピボットハイブレイクアウト)
上値4:100.473(月足・一目均衡表先行スパン上限)
上値3:100.303(ピボット2ndレジスタンス)
上値2:100.000(大台)
上値1:99.764 (09/5/7高値、ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:99.360
下値1:99.000(大台)
下値2:98.880(09/6/5高値、4/8の38.2%押し)
下値3:98.444(ピボット1stサポート)
下値4:98.000(4/8安値、大台)
下値5:97.827(4/5高値)
※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔マーケット・チェック15分Webセミナー〕にて公開。
14:03ドル円 抵抗・支持ライン追加