◎9日前場の主要ヘッドライン

・竹内製作が2000円台を回復、13年2月期業績見込みを上方修正で
・三谷セキが年初来高値を更新、4月15日付で大証1部指定を好感
・新日建が急速人気、出遅れ狙いで短期資金が流入
・トリムが一気に高値、自社株買い下支えに医療・農業分野への展開にも期待
・カッパクリエが急反落、13年2月期下方修正と無配転落を嫌気
・日立金属が続伸、野村証が投資判断を引き上げ
・図書印が仕手化本番の様相、信用規制も効かず
・誠建設が年初来高値、低価格戸建て分譲の販売増に期待
・ケンコーコムが続落、3月度月次売上高好調もコンセンサス届かず
・住友林業が続伸、不動産関連として人気継続で年初来高値に急接近

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)