長瀬産が上値慕う、材料内包の思惑も

 長瀬産業<8012.T>が5日続伸。地味な動きながらも着実に上値を慕う展開にある。調整途上の4月2日に25日移動平均線を下回ったが、その翌日から大陽線を2本入れて切り返す頑強な足を発揮、市場関係者の静かな注目を集めている。同社は、以前に会社更生法を申請して再建を目指していた医薬品や化学製品などを研究・販売するバイオメーカーの林原のパートナー候補として登場し、100%増資を実施して林原を完全子会社化したことで知られる。市場の一部では「林原とのタッグでバイオ材料内包の思惑」(中堅証券営業体)を指摘する声もあるようだ。

長瀬産の株価は13時40分現在1190円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)