住友重が大幅高、出遅れ感に着目した個人の買い観測

 住友重機械工業<6302.T>が大幅高で3日続伸。ここ先駆して買われた不動産や金融関連株に利益確定の売り圧力が顕在化する一方で、全般相場で唯一出遅れ感の強かった中国関連株に見直し買いが流入している。きょうはコマツや日立建機など建機株に買いが先行しているが、その流れを受けて株価が中低位で値ごろ感のある同社株に個人投資家の買いの矛先が向かっているもよう。PBRが0.8倍台と指標面から割安感があることも強み。これまで中国関連の位置付けで人気が離散傾向だったこともあって、信用の買い残にも重さがなく需給面からの手掛けやすさもあるようだ。

住友重の株価は13時53分現在379円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)