森組が3日続伸、値ごろ感から出直る動き

 森組<1853.OS>が3日続伸。4月2日には62円まで下落していたが、値ごろ感から出直る動きとなっている。同社の2位株主で関係が深い阪急電鉄が、梅田地区で再開発を活発化させており、土木や建築を展開する同社にも関連受注の拡大が期待される。

森組の株価は14時46分現在71円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)