1stHDが連日のストップ高、MBO実施受け

 1stホールディングス<3644.T>は連日のストップ高。同社は東証2部上場で企業の帳票・分析ツールで高いシェアを持つ。業績は回復歩調が鮮明、14年2月期は企業の分析ソフトのクラウド対応で中小企業の需要を取り込むほか、前期伸び悩んだ帳票が、公的機関向けに拡大する見通し。前週末5日引け後に、内野弘幸社長がMBOの一環として設立したモノリスホールディングスのTOBにより同社の全株式を取得するMBO(マネジメント・バイアウト)実施を発表、買い付け価格の880円にサヤ寄せする動きとなっている。

1stHDの株価は15時現在860円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)